スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プロカメラマンが教える知っておきたい100のこと」

あるブログ記事から気になるものを見つけました。
ストリート写真家でワークショップも行っているエリック・キム(Eric Kim)さんが答える


「プロカメラマンが教える知っておきたい100のこと」


http://www.gizmodo.jp/2012/05/photo100_24.html


EOS5D BG (1)



今の考えを書いて、将来もう一度読み返そうと思います。




1)高価な機材を使っているからと言って、腕のいいカメラマンとは限らない。
私の職場ではキャノン指定ですが、1Dsとか高価なカメラは使ってないです。


2)常にRAWで撮影すること。
依頼内容によりますが、RAW、sRAWで撮影しています。


3)単焦点レンズでの撮影は、腕磨きになる。
これは義理アニから先日聞きました。人間の視野に近い焦点距離レンズで練習することって、スナップ撮影は人の視野に近い画角で撮影するのが安心感があるそうです。


4)写真編集はそれだけで、1つのアートだと言える。
アートとなると私は書けません。


5)三分割法は99%の場合において効果的である。
構図よりまず手持ち撮影で水平がいつでもしっかり取れるようにならないと…


6)マクロ写真は誰でもできるわけではない。
はい、撮ったことありません(^_^;)


7)UVフィルターはレンズキャップの役割もある。
フードはレンズを保護するため、暴れ回る子供たちや砂埃から大切なレンズを守るのに、フィルターとフードは装着しています。


8)写真フォーラムなんかに何時間も行くよりは、外に出て写真を撮った方がいい。
撮って、反省して勉強、そしてまた撮って今はコレの繰り返しです。


9)平凡な日々の生活の中にある美しい一瞬を切り取ること。それが入賞作品になる。
入賞は目指してませんが、撮りもれがないように注意深く撮影するようにします。


10)フィルムがデジタルより良いというわけではない。
いつかフィルムで撮ってみたいです。


11)デジタルがフィルムより良いというわけでもない。
いつかレンジファインダーで撮ってみたいです。


12)魔法のカメラやレンズなんてものは存在しない。
あれば嬉しいのですが、魔法をかけたような写真をいつか撮ってみたいです。


13)良いレンズを使ったからと言って、良い写真が撮れるとは限らない。
本人の技量ってことでしょうか…良いではなく「高価な」と書いてもらえればもっとわかりやすかったのですが・・・


14)他の人の作品を見続けるよりも、自分の写真を撮りに行くこと。
師匠の写真は勉強になります。勤めてる限りスタジオの方針は絶対ですから。従えない人はみんな辞めていきました。当然です。


15)パーティーにデジタル一眼レフは持って行くな。
お酒でもかけられるから?それとも酔ってカメラを壊すから?

DSC00795.jpg


16)女はカメラマンに弱い。
そんなことないです。


17)写真を白黒にしたからといって、アーティスティックな感じになるわけではない。
4)の写真編集で、1つのアートにしてみたいですね


18)Photoshop使ったというと、なぜか人は急にあなたの写真の価値を下げる。こういう時は、「Photoshop」ではなく「デジタル暗室」という言い方をすること。
デジタル暗室っておもしろい!でも暗室を私は使ったことがない


19)何でもかんでも写真に撮れば良いというわけではない。
無理して切ったシャッターには面白い写真が撮れたことがありません。


20)少なくとも2つバックアップをとっておくこと。戦争での、2は1、1は0という考え方と同じ。
戦争の考え方はともかくとして、バックアップは大切だと思います。


21)ネックストラップはやめて、ハンドストラップを使うこと。
はい、検討中です


22)被写体に近づくこと。大抵の場合、その方がいい写真が撮れる。
師匠から「もっと被写体に寄りなさい」と言われてます。


23)撮影中はその場の一員となること。傍観者にはなるな。
もちろんです。


24)かがむ等して目線を下げて写真を撮ること。大抵の場合その方がより面白い写真が撮れる。
子供さんの撮影が多いので、そうしていますが体は痛いです


25)技術的な心配をするよりも、フレーミングや写真の構成に注視すること。
前向きに勉強させて頂いてるので、不安はありません。ファインダーに集中してがんばります


26)機材にあるロゴを黒いテープ等で隠してしまうこと。これによって自分があまり目立たなくなる。
意味がわからないので、一度やってみます。


27)明るい日中に撮影する場合は、常に露出少なめ、2/3程度で撮影すること。
被写体の明るさによるのではないでしょうか?これも一度やってみます


28)撮れば撮るほど、上手くなる。
それはないです。カメラが壊れるまで撮り続けても、考えずにやみくもに撮影しても前進しないです。
翻訳か編集した人がいけないのかな?多分本人は言ってないと思いますよ


29)露出や、アングル、F値を変えて同じ場所で数枚撮影するのを恐れないこと。
やっぱりコンテスト入賞のための(9番目)アドバイス?狙ってるって感じですね


30)ベストの1枚だけを人に見せること。
プライベートでは、できればそうしたいのですがまだまだ遠い道のりです。しかし仕事は狭い許容範囲の撮影結果を出さないといけません。


31)コンデジもカメラである。
その通りです。普段の何気ない写真も、記録用にも勉強用にも活躍しています。


32)オンラインの写真フォーラムに参加してみること。
とりあえずブログで・・・


33)他の人の作品を批評してみること。
評することは出来ても 批判することなんて私にはできません。


34)撮る前によく考えること。
撮って反省して、また撮って 多分撮影が出来なくなるまで続きそうな…


35)良い写真に説明はいらない。(しかし、時に背景にある情報が画に意味合いを持たせることはある。)
ガツンってくる写真があります。言葉にできないような写真もあります。スルーしてしまう写真も…


36)お酒と写真の相性は良くない。
酒の席での写真談義、楽しいものなら良いのですが、機材の自慢やメーカーの話のぶつかり合いは付き合えません(^_^;)


37)他のカメラマンから影響を受けるのはいい。しかし、崇拝してはいけない。
尊敬はします。


38)粒子は美しい。
勉強しておきます(^_^;)


39)カメラ用バッグは捨てて、メッセンジャーバッグを使うこと。レンズやカメラが取り出しやすくなる。
取出しやすくて、軽くて丈夫なのを探しています。


40)シンプルさが鍵。
機材?写真? バッグのこと?


41)フォトグラフィーは、「光で描く」という意味。光を操ること。
光りがないと写真はとれないですからね。操る…か


42)自分のスタイルを見つけて貫くこと。
まず基本を固めてしっかり撮れるようになること!と私に言い聞かせます。


43)セカンドモニターは便利。
使ったことありません。でも興味はあります。


44)Silver EFEX Proは最適の白黒加工ツール。
それも知りません(^_^;)


45)どこに行くにもカメラを持って行くこと。
普段はコンデジでも携帯電話でもある物だったらなんでも使います。


46)写真が人生を楽しむ障害になってしまってはいけない。
ライフワークにしようと考えています。多少の苦しみは乗り越えますよ。


47)カメラを過保護に扱ってはいけない。使い倒すこと。
相棒を大切にするということは忘れません。大切にするのは活用することでもあると思っています


48)ストレートフォトグラフィーを撮ること。
勉強しておきます(^_^;)


49)自信を持って撮影すること。
なるべくそうします。後で凹まないように…
やっぱり基本が大切ですね


50)写真と並列配置の相性は抜群。
縦で撮ることが少なくなりました。それより僅かに傾くクセを早くなおさないと・・・


続く・・・



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

インフォメーション

はじめまして。
仕事復帰をしたので不定期更新になりますが、どうぞ宜しくお願いします!
一部の記事を限定公開にしています。
FC2の方はブロとも申請をお願いします。FC2以外の方はメールフォームよりご連絡いただけたらパスワードを返信させていただきます。
宜しくお願いします。

成長

つなビィ

オススメ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

お気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

フォトマスター検定プチ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。